ブログ

2013.11.20 - 福祉車修理中

弊社の整備工場では、福祉車両の修理を行う漆原の姿が。

どのような修理をしているのですか?
スローパーの出し入れをする際のギアの付け根が割れてしまったため、
   取り替え作業をしています。

割れたままの状態だとどのような不具合があるのでしょうか?
本来スローパーは両端のギアで調節し支えているのですが、
   片側のギアが締まりきらないとなると反対側に負担がかかり、リフトが斜めに傾いてしまいます。
   このまま車いすを乗せることは大変危険です。

実際修理をしてみて気付いたことなどはありますか?
作業として慣れてきた部分もありますが、同じ車種でも乗り方等で微妙な違いが出てきます。
   一台一台車の声を聞きながら修理していくことが大切だと感じています。

福祉車両の修理・点検等お気軽にご相談くださいませ。


お問い合わせ

    • 有限会社 ヤマヨ久保田商会
    • 〒239-0842
    • 神奈川県横須賀市
      長沢6-30-4
    • TEL:046-849-3210
    • FAX:046-849-7147
    • 地図はこちら
ページの先頭へ